ニュース

木村友亮の顔画像とFacebook・犯行動機は?富山税務署職員が元交際相手にストーカー行為で逮捕!

11月~1月の2か月間にわたって、元交際相手にストーカー行為を繰り返したことで木村友亮が逮捕されました。

自分は拒まれていた自覚がなかったと、一部否認しているようです。

このページでは木村友亮一が起こした事件の概要、顔画像やフェイスブックなどSNS情報と犯行動機などを解説していきます。

木村友亮が起こしたストーカー事件の概要について

元交際相手の女性にストーカー行為を繰り返していたとして、石川県野々市市に住む税務署職員の男が逮捕されました。

ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは、野々市市野代3丁目の富山税務署職員・木村友亮容疑者(29)です。

調べによりますと、木村容疑者は去年11月から今年1月にかけ、元交際相手の女性に「会って話がしたい」といった内容の電話やメールを繰り返したり、自宅近くを何度もうろついたりした疑いです。

木村容疑者は一連の行動は認めたうえで「相手から拒まれていたという自覚がなかった」と容疑を一部否認しています。

金沢国税局によりますと、木村容疑者の勤務態度に問題はなく、事実確認の上、厳正に処分するとしています。

(引用:石川テレビ

石川県富山市の税務署職員が、元彼女に対するストーカー行為の疑いで逮捕とのこと。

ニュースを見ての率直な意見としては、恋は盲目ではあるけども冷静な判断をしないといけないということ。

以下では、事件で逮捕された木村友亮についての詳細を取り上げていきます。

木村友亮のプロフィールと顔画像やFacebookは?

今までで報じられている情報から知りえる、木村友亮の簡単なプロフィールはこんな感じです。

・名前:木村 友亮(きむら ともあき)
・年齢:29歳
・住所:石川県野々市市野代3丁目
・職業:富山税務署職員
・逮捕理由:ストーカー規制法の疑い

木村友亮は年齢が29歳で、職業は富山税務署職員とのこと。

金沢国税局からの情報によると、勤務態度に問題があったわけではなかったようですね。

税務署の職員という安定した仕事に就いているのに、このような事件で実名報道されてしまい、これから先は厳しい現実が待っているでしょうね。

実際のところ国税局は「厳正に処分する」と言ってますし、同僚からはストーカーとして認知されている状態なので、同じ職場で働くことは難しいでしょうね。

今回の犯行は元交際相手に対するストーカー行為ということで、木村友亮は結婚などはしておらず独身だと推測します。

それでは次に木村友亮の顔画像ですが、報道にて顔写真・映像の公開はされていないので不明です。

またSNS周辺に関しては、フェイスブック・ツイッター・インスタグラムなどを調べましたが、アカウントの特定はできていません。

木村友亮という名前は割とポピュラーなので、同姓同名のアカウントが多数ありますので、さらに深堀していきたいと思います。

特にFacebookは顔画像やプロフィールなど得られる情報が多いので重点的に調べ、新しいことが分かり次第このページを更新していきます。

木村友亮の犯行動機は?元交際相手にストーカー行為をした理由は?

木村友亮の犯行動機は取り調べ中なので詳細は分かりませんが、ポイントは「相手に拒まれてるとは思ってなかった」という供述でしょう。

ここからは伺えるのは村友亮自身に、罪の意識が薄かったのではないかということ。

被害者の女性は元交際相手ということで、木村友亮にとっては恋愛の延長上だったのかもしれませんね。

全く面識や関係性がないのに付きまとうのはアウトだと思いますが、今回のケースだと過去にお付き合いしていた女性ということになります。

「完全に別れたくない」、「もう一度付き合いたい」という気持ちで追いすがるというのは、誰にでもあり得る話だとは思います。

ただ今回のケースでは、電話やメールが相手からは返ってきてない、自宅付近をうろつかないと会えない間柄になってしまっていたと推測します。

被害者の女性も、もともとは好き同士で付き合っていて、嫌な思い出にしたくはないから、ハッキリとした拒絶ができなかったのかもしれませんね。

だからこそ執拗に連絡したり、付きまとい行為をするよになったと推測します。

ということで木村友亮の犯行動機・行為に至った理由は、彼女を失いたくないという強い気持ちだったと予想しますす。

ただし木村友亮は29歳の男性なわけですから、自分本位ではなく彼女の気持ちを汲み取った、大人の対応をするべきだったと思いますね。

木村友亮についてのネット・世間の声

これはストーカーという言葉が一般化する以前から、元々交際してた間柄ではしばしば起きてた事だと思う。

私にも度合いは別に身に覚えがなくもない。

一般的に女性は対立やカドが立つ言動は控える傾向にあり、遠回しなノーが、特に自分に都合よく解釈したい相手には真意が伝わってないことはあると思う。

これは少し行きすぎですから、やむを得ないです。私でも引きます。

しかし昔は、男は押しの一手と言われていました。時代も変わるものです。

相手の真意をつかんでさっと身を引くことが肝要ということ。

なかなか、赤い糸は見つからない時代ですね。

拒絶されていると思わなかった、と言っているけど、家の周りをうろつかないと会えないわけでしょ。

普通に約束をとりつけられない時点で嫌われてるのかな?って発想にならないのかな。気持ち悪い。

この程度で逮捕して名前を出すの

交際が少しもつれた程度で白に近いグレーだろう

警察はもっとやることあるんちゃう。

嫌なら着信拒否なり受信拒否なり番号変えるなりできるやろうに。

俺の友人なんかストーカー行為から恋に発展して結婚したぞ。

いったい何が違うのか?

ストーカー行為の線引きラインは受けた側の判断によるもので、我々は直に見ていないので何とも言えない。

ストーカーと判断したらはっきりと相手に言うべきで、ストーカー行為と認識していない奴に第三者が判断を下すのはおかしいのでは・・

相手にされない女性に未練がましく追いかけてあげくは逮捕とはかわいそう

クビにならなくても一生地下倉庫行き